住空間収納プランナー認定試験 エキスパートの詳細

より高度なプランニング業務に携わる方のための深い専門知識を認定する上級ライセンス

人間工学や建築学などといった住空間や収納の理解を深める周辺分野や、ファイリングや収納計画などの高度な専門ノウハウの理解度や応用力を問うのがエキスパート認定試験です。
住宅業界やインテリア業界をはじめとするビジネスの現場で企画、設計、カウンセリング、営業などの業務に携わる方が実力を確かめ、さらにビジネスの質を高めるために情報を整理するためには最も適した試験だと言って良いでしょう。
住空間収納プランナーとして独立・起業を目指す方にとっても有力な武器になるはずです。

エキスパートを取得しているのはこんな方々です。

●住空間収納プランナーとしての活躍領域を対法人まで広げたい方
●[マスター]を目指す方
●インテリアの企画・製造にたずさわっている方
●建築会社・設計事務所・ハウスメーカー・リフォーム会社にお勤めの方
●住空間収納プランナーのマネジメント・育成を担う方

エキスパートの業務領域と求められる水準について

下表は住空間収納プランナーの業務領域と、求められる水準です。[エキスパート]の内容(紺の地色部分)は、ご依頼主(個人・法人)からのあらゆるご要望に応えられる高水準な知識・ノウハウを示しています。

○:正確な知識を身につけ、個人のご依頼主の要望に応えられる水準
◎:専門性の高い知識(例/人間工学・関連法規など)を身につけ、法人のご依頼主の要望に応えられる水準

エキスパート