合格者たちの声

住空間収納プランナー合格者の声を紹介します。

ベーシック合格者

  • ●西 ゆうこ様 ●年齢40代
    ●主婦
    ★住空間収納プランナー養成講座を受講して感じたことは?
    住空間収納プランナーの仕事は、ただ整理し収納する作業だけでなく、物を管理することや使いやすくする方法を提案することで、人それぞれの暮らしをより快適に、
    そしてそれを維持できるように、というところまで細かくカウンセリングがなされていることを知り、「奥深いなあ」というのが最初の印象です。

    ★資格をどのように活かしていますか?
    自宅で、特に気になっていたキッチンを中心に、取り出しやすい収納の仕方に重点をおいて自分なりに工夫をしました。まだまだこれからも勉強をして、自宅をはじめ、ゆくゆくはお仕事として主婦の方、生活者の方がストレスのかからない空間をたくさん作っていきたいと思います。

    ★受講スクール:(株)収納計画
  • ●田中 亜妃子 様 ●年齢40代
    ★住空間収納プランナー養成講座を受講して感じたことは?
    なぜ片付かないのかの原因がわかりすっきりしました。
    片づけ方の原理がわかったので、家の中ががらりと快適に変わりました。
    これから増えていく子どものおもちゃや衣類の片づけ方の参考になりました。

    ★住空間収納プランナーを取得して変わったことは?
    受講する前より自分の家が自然に片付くようになりました。

    ★他の収納関連の資格との違いは何だと思いますか?
    他の収納関連の資格はよくわかりませんが、住空間収納プランナーのエキスパート以上を取得されている方たちの活動(お仕事への活かし方)を会員専用SNSで拝見していると、収納プランニングに関するとてもプロフェッショナルな資格なんだなあと思います。
    個人のお客様のみならず、企業向けにプランニングやコンサルなど行える知識が得られるなど。

    ★住空間収納プランナーとしての今後の目標は?
    当面は、このベーシックの資格を持って自宅を快適に過ごせるスペースに、また家族や友人などにもアドバイスができれば良いと思います。

    ★受講スクール:(株)収納計画

エキスパート合格者

  • ●竹内 さやか様 ●年齢:40代
    ★住空間収納プランナーの資格取得のきっかけは何ですか?
    片付け、収納が好きだから。

    ★住空間収納プランナーの資格と他の収納の資格の違いは何だと思われますか?
    時間をかけて勉強できる。

    ★住空間収納プランナーの資格を取得された後、どのように活かされていますか?
    収納アシストサービス会社で収納アシストを仕事としている知人からの依頼で収納アシスト現場でお仕事をしています。
    また、親や姉弟の収納の提案や手伝いもしています。

    ★受講スクール:(株)収納計画
  • ●田中島 あい子様 ●年齢:50代
    ●職業:家具製作、販売、インテリアプラン ●仕事内容:販売、プラン
    ★住空間収納プランナーの資格取得のきっかけは何ですか?
    自分の生活、人生を見直すために、片付けを始めた事

    ★住空間収納プランナーの資格と他の収納の資格の違いは何だと思われますか?
    他を知らず比較できないのですが、捨てる事が整理ではない。その人に合った、その人を責めないアシストの話にはとっても納得しています。

    ★住空間収納プランナーの資格を取得された後、どのように活かされていますか?
    家具(オーダー)の相談の際に、家具の話よりも生活の困り事、暮らし中心の話をするようになった。

    ★受講スクール:(株)収納計画
  • ●藤本 和代子様 ●年齢:50代
    ●職業:リフォーム業 ●仕事内容:リフォームのプランニング、現場管理
    ★住空間収納プランナーの資格取得のきっかけは何ですか?
    自分の片付けベタを何とかしたいと思いました。

    ★住空間収納プランナーの資格と他の収納の資格の違いは何だと思われますか?
    建築的な部分も提案できる。

    ★住空間収納プランナーの資格を取得された後、どのように活かされていますか?
    会社のニュースレターを月1回出しているのですが、それに少しずつ収納のことを書いています。(お客様を少しずつ教育?していこうかななどと考えています。)

    ★受講スクール:(株)収納計画

マスター合格者


  • ●江幡 千登美様 ●取得資格:マスター
    ●職業:自営業(一級建築士)●年齢:30代
    ★住空間収納プランナー養成講座を受講して感じたこと
    建築家は箱をつくって、住まい方はお客様任せで、収納よりも、部屋の広さ、竣工時の美しさにこだわってきていたけれども、お客様に合わせた収納を考えて提案することで、竣工後お客様が住まいやすい家ができるんだということを感じました。
    これから、住宅設計やリフォームをしていくなかで、お客様満足度を上げる知識になると期待しました。

    ★住空間収納プランナーを取得して変わったこと
    一級建築士の資格だけで設計事務所の仕事をしていると、近寄りがたいと思われていたのか、住まいの相談などは少なかったのですが、住空間収納プランナーを取得して、収納から考える住まいづくりをしていると伝えると、収納だけではなく、いろいろな住まいの相談が出てくるようになるという変化がありました。 

    ★他の収納関連の資格との違いは何だと思いますか
    他の収納関連の資格の内容を知らないので何とも言えませんが、建築的な知識や家具の知識、動線の考え方、図面を描くということを学べるということでしょうか。

    ★資格をお仕事にどのように活かしていますか
    収納セミナーを開催したり、収納コンサルティングを行い、間取りが悪い場合にはリフォームの提案を行ったりしています。
    お客様から相談を持ちかけられるときの敷居が低くなったと感じています。

    ★住空間収納プランナーとしての今後の目標
    お客様に満足いただける収納のある住まいづくりを目指しています。
    また、建築設計に携わる人が収納というものを意識せず設計していることが多いので、今後は設計士にも収納に対する認識を高める活動や、大学や専門学校の建築学科への働きかけを行い、授業の一環として収納を考える時間を設けられるようにしたいと考えています。

    ★ほか、住空間収納プランナーについて何でもご自由に
    今後伸びる産業であると思います。

    ★受講スクール:(株)収納計画
  • 山中 和政様
    ●住空間収納プランナー マスター 
    ●年齢 50代
    ●職業 インテリアコーディネーター
    ★受講スクール:(株)収納計画
  • ●干野 直江様 ●年齢:40代 ●取得資格:マスター
    ●主婦
    ★住空間収納プランナー養成講座を受講して感じたこと
    何気なく設置している家具や収納しているモノ1つ1つがうまくかみ合ってないと生活に悪い影響を与えていると思いました。
    しかし、逆に言うと、住空間収納の考え方を学んでちょっと変えるだけで、ぐっと生活快適レベルが上がることを感じました。

    ★住空間収納プランナーを取得して変わったこと
    今までこのモノはここにしまっておかなければという、固定概念から
    解放されて、自分にとって必要なものを必要な時に使える環境を作れるようになりました。

    ★他の収納関連の資格との違いは何だと思いますか?
    単に収納だけだと見た目きれいに入れ込みましたで終わりそうですが、住空間収納プランナーは家一軒トータルで収納診断までさせていただくので根本的に、なぜモノが収まらないのかをお伝えできると思います。

    ★資格をお仕事にどのように活かしていますか?
    今は他業種で働いているので仕事として活動はしていないのですが、住空間でお困りの話がでた友人宅をさせてもらっています。
    それで喜んでもらっている状態ですが、来年からは住空間収納プランナーとして本格的に活動し、実務と広報活動をしたいと考えてます。

    ★住空間収納プランナーとしての今後の目標は?
    私は生まれつき足が悪いので恐らく人より早く車いす生活になるかもしれません。自分の為にもあったらいいなと思っていることがあって、そういう立場になると今までの整理収納していたモノの位置では生活できなくなるので不快な思いをして生活をするようになると思います。でもそれは嫌なので健常な時から不自由な体になったときに、スムースに整理収納を移転でき、快適生活を送ることができるように、誰でも利用しやすいシステムや考えを作りたいです。

    ★受講スクール:(株)収納計画